失敗しないパンプス選びのポイント!

 こんにちは。足と靴のカウンセリング パザパです。

近頃は陽が差す日は暖かいですね~春の訪れも早まりそうです!

春になると足元の装いも軽くなりパンプスを履きだす方も多いのではないでしょうか?

 

ところで皆さん『パンプス』と聞いてどういう印象をお持ちですか??

・高いヒール

・フェミニン

・脚が長くみえる

・足が細く見える

こういった見た目の印象のほかに

・足が痛くなる

・疲れやすい

・靴ズレができる

こうした足への負担も思い浮かぶのではないでしょうか?

 

そこで!失敗しないパンプス選びの3つのポイントをご紹介します!

つま先には指一本分程度の余裕があるか(捨て寸の確保

パンプスに限らず、つま先が覆われている靴なら指先にご自分の人差し指1本分くらいの余裕が必要です。この余裕を「捨て寸」といいます。歩いて踏みかえすときに、この空間がないと靴の先が足指に当ってしまいます。指が靴先に当るとタコや魚の目、巻爪の原因ともなりやすいので注意が必要です。もちろん、靴のトウの形が尖った形であればあるほど、つま先の捨て寸は多めにとる必要があるでしょう。

かかと(ヒールカーブ)が合っているか

靴の踵の丸みが足の踵とぴったり合っていれば、踵がぱかぱか浮きにくくなります。ここで注意したいのは、履き口のふちが自分のくるぶしやアキレス腱に強く当っていないかどうかです。靴がくるぶしやアキレス腱を強く圧迫している場合は靴ズレになりやすいので注意しましょう。踵がしっかりホールドされて脱げにくくなれば、多少ヒールがあっても足が前すべりするのを軽減してくれます。

パンプスのバンプポイント(えぐり)が足にくいこんでいないか&指上に空間があるか

パンプスのつま先の革を「バンプ」といいますが、この部分がきつすぎず緩すぎないことが重要です。指の上部には少し空間があり、指の付け根に近いバンプと足の境目には手の指がほんの少し入るくらいが。履いて立った時点でくいこみがあるようなら、歩いているうちに痛くなる可能性が高いです。逆に指が簡単に入ってしまうくらいゆるい場合は、足の前すべりを招くので靴の中敷調整などが必要です。

 

これら注意点以外にも、靴を履いてみた時にきつすぎたりゆるすぎたりする箇所があれば、店頭のスタッフに確認してもらいましょう!
この3つのポイントに注意するだけでも、足に優しいパンプス選びに近づけますよ!

パザパのパンプスはアーチサポートの付いた中敷入りなので、パンプスであっても足への負担は最小限です。

外反母趾部分の幅出し修正やバンプ部分の甲盛修正が可能なものもございますので、ご相談ください。

もちろんフィッティングアドバイスもしますので、パンプスをお探しの方はぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。

image3

上段:PZ-2030(カラー:ブラック/ダークブラウン/グレー/キャメル)(甲周り:ナロー/ミディアム)(サイズ:21.5cm~24.5cm)

下段:PZ-2035(カラー:ブラック/ダークブラウン/グレー/キャメル)(甲周り:ナロー/ミディアム)(サイズ:21.5cm~24.5cm)

 

image1

上段:PZ-2040(カラー:ブラック/ダークブラウン)(甲周り:ナロー/ミディアム)(サイズ:21.5cm~24.5cm)

下段:PZ-3021(カラー:ブラック/ブラックシルキー)(甲周り:ナロー/ミディアム/ワイド)(サイズ:22.0cm~24.5cm)

image2

上段:PZ-C101(カラー:ブラック)(甲周り:1E相当)(サイズ:21.5cm~24.5cm)

下段:PZ-C102(カラー:ブラック)(甲周り:1E相当)(サイズ:21.5cm~24.5cm)


パザパはOPENから16年以上、さまざまなお客様の足と向き合ってきました。 これからもお客様と共に歩き続けます。

Pas a pas LOGO R2

足と靴のカウンセリング パザパ 静岡市葵区馬場町9

TEL:054-255-3260 要予約

 

※足と靴のカウンセリング測定・フスフレーゲはご予約制となっております。

Eメールでのご予約は承っておりません。 出張などで担当が不在の日もございますので、電話にてお問合せくださいませ。
営業時間 10:00~18:30
 
 
★フットサロンブログ http://ameblo.jp/pazafoot も更新中です♪
ぜひ ご覧くださいませ(^^)
 ※当店にはレシピの商品の取扱いはございません。
パザパ
セミオーダーシューズ、コンフォートシューズ レディース、静岡
オーダーメイドインソール、フットベッド、中敷、足底板
フットケア、フスフレーゲ、
外反母趾、靴、扁平足、O脚、X脚、ひざ、腰

 

 

ものづくりの街・静岡から発信

【ものづくりの街・静岡から発信】

shoukai
静岡市は徳川家康公とゆかりの深~い街。
現在発掘調査が進んでいる駿府城や、久能山東照宮。
そしてパザパのすぐ近く、静岡浅間神社。
改修をしながら現在も残る歴史的な建物には職人さんの力と技を感じられます。
(↓浅間神社)
 IMG_0820

IMG_0816
IMG_0829
全国から集まった職人さんは、その後静岡に定住し現在のものづくりの街・静岡に発展したともいわれています。静岡は海と山の幸があって食べ物もおいしいし、気候も良いですしね(^^)
静岡のものづくり産業、
例えばプラモデル・家具・竹細工や漆などの伝統工芸品・履物など…
たしかにクラフトマンシップは受け継がれています。
そんなものづくりの街・静岡から発信する「パザパの靴」は自社工場で一点一点丁寧に作られています。
お客様のニーズに合わせた細かな靴の修正ができるのも、ハンドメイドならでは。
IMG_3956
ぜひパザパの履き心地をお試しくださいませ。
年末年始のご案内:2018/12/28は午前中までの営業となります。
冬季休業日:2018/12/29~2019/1/6まで休業いたします。
新年は2019年1月7日10:00より通常営業いたします。

 


 

パザパはOPENから16年以上、さまざまなお客様の足と向き合ってきました。 これからもお客様と共に歩き続けます。

Pas a pas LOGO R2

足と靴のカウンセリング パザパ 静岡市葵区馬場町9

TEL:054-255-3260 要予約

 

※足と靴のカウンセリング測定・フスフレーゲはご予約制となっております。

Eメールでのご予約は承っておりません。 出張などで担当が不在の日もございますので、電話にてお問合せくださいませ。
営業時間 10:00~18:30
年末年始のご案内:2018/12/28は午前中までの営業となります。
冬季休業日:2018/12/29~2019/1/6まで休業いたします。
 
★フットサロンブログ http://ameblo.jp/pazafoot も更新中です♪
ぜひ ご覧くださいませ(^^)
 ※当店にはレシピの商品の取扱いはございません。
パザパ
セミオーダーシューズ、コンフォートシューズ レディース、静岡
オーダーメイドインソール、フットベッド、中敷、足底板
フットケア、フスフレーゲ、
外反母趾、靴、扁平足、O脚、X脚、ひざ、腰

 

 

1 2 3 4 5 23

フットサロン「pas a pas」 下北沢店

フットサロン「pas a pas」が下北沢にオープン!
足と靴を追求したオリジナルフットショップです。
下北沢駅から徒歩5分。世田谷北郵便局前です。
TEL:03-5738-7506

求人募集