足のお悩み : 「外反母趾」について

2019.03.25 update

こんにちは、「足と靴のカウンセリング パザパ」です。
今回は、「外反母趾」について考えてみます。
足の親指が「く」の字に曲がって、親指の付け根部分が腫れて炎症を起こし、痛む方もいます。
外反母趾角がおよそ15度以上を外反母趾と言います。

image1

原因は、
つま先の狭い靴やヒールの高い靴、ソックスなどによる前足部の圧迫
開帳足(指の付け根の関節の靭帯のゆるみ)による横アーチの低下、足幅の広がり
遺伝(靭帯の弱さ、筋肉の弱さ)、母趾外転勤と母趾内転勤の不均衡
などが考えられます。

対処法としては、
紐靴などの足のウエスト部(指の付け根の手前のくびれた部分)が絞れ、前足部にゆとりがある靴
横アーチを支えるためのサポート機能がある中敷(インソール)を敷く

母趾球部(親指の付け根部分)に余裕がある靴
素材がソフトな革靴など
を履くことをお勧めします。

外反母趾の方から、「外反母趾には4Eなどの幅広の靴がいいでしょ?」とよく聞かれますが、
幅の広い靴を履けば、指先は圧迫されないのではなく、たとえ幅広い靴を履いても、足の甲が
押さえられないと、足が靴の中ですべり、圧迫され、変形も促進されてしまいます
幅が広ければ良いということではなく
足指の圧迫や変形を予防するには、足の甲の部分がしっかりと押さえることができる靴ひも靴が最適
を選ぶことがとても大切と思います。

パザパでは、親指の付け根や小指の付け根などの出ている部分について、木型を幅出し修正して
作ることができます(セミオーダーシューズ)。

お悩みの方は、まず無料カウンセリングを行ってみませんか。ご予約をお待ちしております。

 

ご予約電話番号 054-255-3260

初めてカウンセリング測定をご希望の方へ

ご予約の際に「初めて」測定される旨、申しつけください。

その際、お名前・お電話番号・普段お履きの靴のサイズ・お悩み・どんな靴をお探しかなど

教えてください。カウンセリング測定の時間は約40~50分前後、無料です。


パザパはOPENから16年以上、さまざまなお客様の足と向き合ってきました。 これからもお客様と共に歩き続けます。

Pas a pas LOGO R2

足と靴のカウンセリング パザパ 静岡市葵区馬場町9

TEL:054-255-3260 要予約

一部商品値上げのお知らせ

いつも足と靴のカウンセリング パザパをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、原材料の高騰に伴い

お客様には大変心苦しいお願いとなり誠に恐縮ではございますが

一部価格を改定させていただく事となりました。

つきましては誠に勝手ながら、以下の通り改定を行わせていただきます。

●改定商品

・PZ-2020(N/M)

・PZ-2035(N/M)

・PZ-2040R(N/M)

・PZ-3021(N/M/W)

・PZ-C101

・PZ-C101SG

・PZ-C102

・PZ-C102SG

以上の商品を、現基本価格より¥1,000+税値上げいたします。

●改定日

・2019年4月1日のご注文分より

※その他、一部修理価格&オプション料金も改定となります。

詳しくは店頭スタッフまでお尋ねくださいませ。

(また過去ブログ掲載の商品価格と店頭価格が異なる場合がございます事、ご了承ください)

 

何卒ご理解いただき、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

———————————————————————————————————————–

足と靴のカウンセリング パザパ

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 65

フットサロン「pas a pas」 下北沢店

フットサロン「pas a pas」が下北沢にオープン!
足と靴を追求したオリジナルフットショップです。
下北沢駅から徒歩5分。世田谷北郵便局前です。
TEL:03-5738-7506

求人募集