あなたの身体を支える「バネ」はどこ?

足裏のバネ~アーチについて


こんにちは。

冷え込みますね!立春が過ぎてもまだまだ春は遠い気がしてしまいます。

 

さて、本日は足裏のアーチにいてお話します。

以前も紹介しましたが、わたしたち人間の足裏には3つのアーチがあります。

1. 内側 縦アーチ・・・(親指の付け根とかかとまでのアーチ、いわゆる土踏まず部分のアーチ)
2. 外側 縦アーチ・・・(小指の付け根とかかとまでのアーチ)
3. 横のアーチ・・・(親指と小指の付け根を結んだ甲の部分のアーチ、中足骨アーチともいう)

ashiuraa-chi

アーチは筋肉と靭帯に支えられ、骨が弓状に並んだ構造なのですが、
このアーチの働きは「バネ」!

 

歩行時の衝撃をこのバネが吸収し、また次の一歩を踏み出すときのテコとしても働いているのです。
3つのアーチはスプリングの役割をはたしており、衝撃を吸収すると同時に荷重を分散させることで
歩行をスムーズにし、身体を無理なく支えているのです。

 

 

人間のカラダってほんとうに良くできていますね。

 

しかし、逆に考えると・・・
このアーチのバランスが崩れてしまったら・・・!?

衝撃がストレートに膝・腰にひびき、背骨を伝わって頭まで達してしまう。
(膝痛・腰痛・首痛など)
圧の分散がうまくできず、足裏にタコ・魚の目ができてしまう。
(↑角質が厚くなるのは、皮ふが中の骨を守ろうとする防御反応なんです)

筋肉が落ちて、さらに体重が増加したら、当然アーチの負担が大きくなりアーチも下がってきてしまいます。
昔より足幅が広がった?と思われているかた。実は横アーチの低下が原因かもしれません。

 

一度低下したアーチを元通りにするのは大変ですが、「足指じゃんけん」で足裏を鍛えることも良いと思います。
初めはうまくできなくても、続けることが大切。
この季節は寒くて筋肉も縮こまりがちですので、入浴中やお風呂あがりなどですと温まった状態なので
やりやすいかと思います。無理のない程度に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

そして、「足底板」で足裏アーチのバランスを取り戻し、足本来の働きをもう一度できるようにサポートしてあげることも効果的です。
なってから。ではなく、「予防」という意味でも足底板を日常的に使用することをおすすめします。

 

 

 

下北沢店は 2016年1月をもちまして閉店いたしました

【静岡】足と靴のカウンセリング パザパ
静岡市葵区馬場町9
TEL:054-255-3260

要予約 定休日:火曜・水曜

関連記事

フットサロン「pas a pas」 下北沢店

フットサロン「pas a pas」が下北沢にオープン!
足と靴を追求したオリジナルフットショップです。
下北沢駅から徒歩5分。世田谷北郵便局前です。
TEL:03-5738-7506

求人募集